アマゾンマーケットプレイスの歩き方--商品管理編--

アマゾンマーケットプレイスで古本を売る極意を伝授いたします

1.本の管理

古本をせどりしてきて、値札をはがし、きれいに拭いて、書棚に押し込む前に出品するというのが、一般的なスタイルかなと思いますが、やはり人に売る商品ですから、本の手入れはしっかりとすべきですね

ついでに本の中味をしっかり再確認し、線引きや汚れ。ページ折れも確認し、できる限り良い状態で、配送できるようにしておくべきです。ある程度のオレも結構直ったりしちゃいますから・・・

例えば、ブックオフのHPによれば、書き込み(線引き)は交換してくれるらしいです。但し私は、交換依頼を出したことはありません。

2.良い本を仕入れることが一番

やはり一番は、良い本を仕入れると、本の管理もラクということでしょうか。アマゾンマーケットプレイスに出品していると、だいたいの人がそこそこ売れると思いますが、(私もそこそこです)悪い状態の本を売ると、何か後ろめたく感じてしまいますね。

それが評価に跳ね返り自分の首をしめることにもなりかねないわけですから、設定価格、状態・コンディション説明、実物(本)の3者の均衡が取れていれば、一番よいような気がします。

そういう意味で、本の管理は重要だと思います。

3.本のお手入れ

いろいろなブログをみると、本のお手入れは、アルコールで洗浄という方が多いですね。わたしもそうしています。ブックオフなどで、よく表紙がちょっと汚れている本とかありますが、大体は落ちるものが多いです。表紙の汚れは、パソコンの汚れをとるクリーナーが良いです。自分のパソコンも一緒に掃除しちゃいましょう。

Yahoo!ショッピング;シールはがしYahoo!ショッピング;シールはがしで検索

Meiko クリーナー【税込】370円 (中性が良い)

値札を剥がすツール他お役立ちツールは、発送編をごらんください。

その他、研磨したりは基本的にやっておりません。ブックオフや新古書店では、一生懸命みなさん削っていますが、あれもやりすぎるとバレバレなので、いいかげんにして欲しいと内心思っています。

4.在庫本の置き方

普通は、本棚に縦置きすると思いますが、変な圧力掛けて変形しないようにブックストッパーは必需品です。本どうしをプレスして形を整えるというのも良いですが、変な癖がつくと大変ですから、山積み(野積み)はほどほどに?といっても私もしばらくは山積み状態だったりしますが、一生懸命片付けています。

いづれにしても、大事な大事な商品なので扱いは大切に!!

5.棚卸しの必要性

売れる本は、すぐ売れますが売れない本は、結構いつまでたっても売れません。でも別な手段で売ることで売れるケースは、多々あります。でもその売れない本が、売れない状態で放置となれば、売る機会が、現れないわけですから、ますます売れません。

そこで半期に一度くらいのペースで、棚卸しというか、売れ残り品をチェックして売る手段を変えてあげる必要がありますね。通常プロマーチャントではない方は、出品が90日なので、このタイミングでいろいろ試すのも良いですね。

大量に出品すると、細かくチェックするということが、出来にくくなるわけですから、あるタイミングで見直すこと重要だと思います。

上に戻る

Yapoo.biz All Rights Reserved